みつばちと生み出す

​新たな彩り、新たな調和

吉祥寺ハニカムプロジェクトは都市養蜂活動とローカルマルシェを通じて

​自然と共生するコミュニティをつくり、地域に新たな彩りと新たな調和を生み出します。

103099056_695424001000150_46009601714226

吉祥寺ハニカムプロジェクト代表

都市養蜂家 / balance代表

金子裕輝 / Yuki Kaneko

1980年生まれ。東京都出身。
体育会系のクラブに所属していた学生時代、体づくりに有効な補給源としてはちみつと出会う。それにより体調面の改善も実感し、日常的な摂取が習慣化する。
その後、社会人生活を送っていたある日、ミツバチが世界中で大量死している事実を知り、その危機を具体的に把握するため養蜂場を訪れる。そこで目の当たりにしたミツバチの社会の想像を超えた美しさと人間や環境への貢献度の高さに感銘を受け、サラリーマンを辞め養蜂家になることを決意。
ハチとヒトが共に活き活きと暮らせる環境づくりをめざし、都内にて都市養蜂を行う。吉祥寺、荻窪、小金井を中心に活動中。

2018年に吉祥寺ハニカムプロジェクトを発足。